インド太平洋研究会 Indo-Pacific Studies

現代版IPR インド太平洋研究会へようこそ

島サミットに向けた緊急アピール 日米の不発弾処理を! Urgent appeal for PALM9: JP-US need to solve UXO

第9回島サミットへ向けて 緊急アピール 日本主催で開催される島サミットが9回目を迎えるにあたり、当該地域の安全保障への関心が一気に高まり、冷戦終結以降存在感を薄めていた米国が地域の安全と平和を主導するようになりました。 他方、今月2021年5月、…

ソロモン諸島の若い命を奪った日米の不発弾-2

RNZの記事の方が詳細なのでこちらの機械訳もあげます。 ホニアラ中心部の住宅地で、埋設されていた榴弾が爆発し、1人が死亡、3人が負傷(うち2人は重傷)した。 101mm砲弾は、ククム・セブンスデー・アドベンチスト教会の4人の青年会員が資金集めのためのバ…

ソロモン諸島の若い命を奪った日米の不発弾

CALLS MOUNT TO CLEAR UNEXPLODED WORLD WAR II BOMBS - Solomon Star News 先の大戦で日米が残した不発弾でソロモン諸島の若い命が奪われました。来月の島サミットではこの件を取り上げるべきですし、今まで参加をあまり促してこなかった米国に何がしかの形…

鶴岡大使英国下院公聴会でのミャンマー問題への回答

インド太平洋PodCafeにお招きした鶴岡公二大使から、英国下院での公聴会の記録を教えていただいた。英国の外交政策のはずなのだが、日本のミャンマー支援について追及されているのだ。昨年9月の公聴会だ。 ミャンマーの件、日本の支援は以前から世界的に問題…

日本の皇室はインド太平洋を結んだ海洋民族オーストロネシア語族かも?

エルヴィン・フォン・ベルツ、1876年から30年近く日本に滞在したドイツ人医師の研究は進んでいるのであろうか?昨年『ベルツの日記』を読んで色々な事が学べた。一番印象深かったのがベルツと近い関係にあった伊藤博文のヴィルムヘルム二世に対する長い、書…

憲法9条の変遷と海上保安庁法25条の矛盾と日米同盟の限界(最終案)

公開2日目で視聴回数7万に超える上記動画は、昨年9月インド太平洋研究会有志が提案した海上保安庁法25条削除を含む日本の国防制度の危機を明らかにしています。特に領土担当大臣であられた衛藤晟一議員の発言(15:15辺りから)は全国民が知るべき事実です。下…

インド太平洋PodCafe<チャタムハウスのインド太平洋戦略・認識・協力報告書> 4月19日(月)20時から

昨年100年の歴史を迎えた英国のシンクタンク、チャタムハウスから”Report launch: Indo-Pacific strategies, perceptions and partnerships”が発行されました。 インド太平洋研究会では昨年この報告書策定の日本調査に協力し、東京でラウンドテーブルもアレ…

リンダ・トーマス-グリーンフィールドによる意見

https://www.washingtonpost.com/opinions/2021/03/31/united-states-stands-with-people-burma-our-allies-must-too/ www.washingtonpost.com ビルマの人々が虐殺されています。世界は彼らを助けるために結集しなければなりません。 3月24日、匿名の情報源…

インド太平洋PodCafe<楽園の麻薬問題> 4月14日(水)19時から

突然ですが、インド太平洋PodCafe<楽園の麻薬問題>を下記の通り開催します。 楽園と思われている太平洋の島々。 実は麻薬問題始め越境犯罪の温床になっています。私がその事実を書いたり話たりしていると、現地を知らない評論家からは無視か嘘つき呼ばわり…

A Very British Tiltと鶴岡公二大使の貢献

インド太平洋PodCafe 昨日の4月8日は、鶴岡公二前駐英大使がスペシャルゲストとしてご参加いただけました。 昨年11月、英国のシンクタンク、ポリシー・エクスチェンジから"A Very British Tilt" という英国のインド太平洋政策を議論した報告書が発表されまし…